どもっ!こんばんは。み です。 我が家の みりん(小3娘)、人間ウォッチングが大好きで、幼稚園や学校に行っていた頃は、よくクラスのお友達の様子や先生の言動をひたすら喋ってくれました。 休校中の今、漫画『ドラえもん』での のび太の日常を、こと細かに報告してくれます…。笑 お母さんは、お喋り聞けて、嬉しいよ(^^)

お父さん、ユーチューバーになるんだって!!

さて、連休中に、やりたい事がある!と言い出し、数日、防音室にこもっていた旦那ちゃん。 そこに偵察に行った娘から、上の衝撃の言葉が! 「お母さん、お母さん、大変!お父さん、ユーチューバーになるんだって!!」 …は?どした?マジか〜!? いや、でも、いーんじゃない? こんな時だし、旦那ちゃんの仕事もどうなるか分からない。これまで通りの収入が続くとは思っていない。 上手くいくかどうかは、取り敢えず置いておいて、家で稼ぐ手段が他にもあるって、いいと思うよ。むしろ、多くの人は、「いや、そりゃ無理でしょ…」とやらずに結論を出して終わるところを、ちゃんと実行に移す行動力を讃えたい。 …で、何やんの?! 後日。 旦那「ねぇ、ちょっとオレすごくない?!ピアノとドラムとギターとベースとトランペットとトロンボーン、全部一人で演奏して、録音したの!で、動画編集したの!」 へー!聴かせて〜♪ うわっ!キモっ!!…全画面、全楽器、旦那じゃん!!笑 …うんうん。うんうん。アースのSeptemberね。 待って。ねぇ、これ、メロディないじゃん。 旦那「うん、忘れてた!だから、サックス吹いて!」 …ちょっと待てー! もう何年もまともに吹いてないよ?!多分15分も唇もたないよ?!そもそも、音出るかな?! 旦那「OK!じゃ、一発撮りね!」 …ちょ、key何?原曲通り?って知らん、忘れたよ!…ってアンタ、レのシャープからスタートじゃん!!難しいし! 旦那「えー、できないのー?」 ムッ! で、できるしっ!!(多分) 15分しか吹けないからね!あと、動画はアプリ使って痩せて見えるやつで撮ってよね! 旦那「それは無理。」

何年ぶりだ?!40代オバサンの、ヘロヘロ サックス演奏動画公開。(ホント15分で唇切れた…。)

ハイ!コレです!!↓ https://www.youtube.com/watch?v=TqGzRKg5zjY&feature=share うーん。練習なしの一発録りとはいえ、ヒドイ!笑 遅いし… 遅れてるし…まっすぐ音伸ばせないし…指がもつれちゃってるし…アドリブやる以前にメロディ怪しいし…メロディ思い出すのに精一杯だったし… で、15分経過後に、本当に上の唇が切れて、出血して終わりました。(昔から下唇噛みすぎの傾向にあったので、ダブルリップに変更。だけど、変更して1年くらいで、育児でぐちゃぐちゃになって、まともに練習していなかった。) 悲しき技量。 されど現実。 でもいいじゃん、もう一度最初から頑張れば。 時間があるから新しく何かやろうってなった時、本当に一から新しく始めるのも素敵だけど、 一度本気で頑張ってきて、志半ばで止まってしまったもの、そこをもう一度やってみたい! だって、今の私には、昔にはなかったものがあるもん。 育児で鍛えられた、忍耐力。 そう、忍耐力がある!! 3歩で記憶がすっこ抜ける深刻なボケっぷりをもカバーする、とてつもない忍耐力! それから、ストレスでギャーって発狂しそうにイライラしても、自分を脳内で冷静に見つめ直す分析力もある。 なおかつ、どんなダメっぷりを発揮しても、小さな才能と希望を見つけて、励まし続ける寛容さを、私は身に付けた!!(と思う。) 私は、私を、励ませる!! 40代は、まだまだ成長できる!! で、こういう著作権のある曲って、YouTubeにのせても、広告つかず、収益にならないんだってー。そら、そーだな。 翌日、今度は、旦那ちゃん『銀河鉄道』のお一人様多重録音やっていて。 あー!そういうアップテンポの曲なら、唇ラクだから、私もやりたい!って思ってたら、おいらのサックス見限られたみたいで、旦那ちゃんが自分で、ギターで、メロディ弾いてた…。 旦那ちゃん「ねーねー!オレのチャンネル登録数、5人になったよ!!」 よかったねー。がんばれー。 (チクショー、今に見てろよ!)←心の声。

学校も教育委員会も国も、何もしてくれない…と声を上げた後にすべきこと。

テレワークや休校で、通勤通学の時間がなくなり、自由時間が増えた分、何かをやっておくのって、すごく大事だと思う。 私は、家事が大変にはなったけれど、同時に、ものすごい速さで食事の支度が出来るようになり、娘の勉強が終われば、夕飯前に自由時間確保に成功! あと数年続くと予想される、この状況。やれ学校はプリントしか配らない…何にもしてくれない…と文句言ってるだけでいいのだろうか。 もちろん、何に困っていて、どうして欲しいか、現場の声を上げるのは大切。 そこは、大いに声をあげて、学校だけじゃなく、保護者も協力しながら、子ども達のために、何ができるか、模索して行動するべきだと思う。 とはいえ、私も色々動いたものの、誰に何を言っても、「いやでも、どの家庭にもWi-Fi環境あるわけじゃないし、お金を集める、出すというと、反対する人もいるしねぇ。」と、そこで完結されてしまうんだよね。 自分の力のなさが悔しい。 学校にも、教育委員会にも、政治家にもコンタクトとって、意見を伝えて、それでもまだ、オンライン授業進まずの、この状況。 だけど、まず、学校の教科書、ちゃんと開いてみたかな? いろんな教材探して、我が子に合いそうな勉強方法、考えてみたかな? この時代、無料でも、有益な情報が溢れている! 文句だけ言って、誰かが何かをしてくれるまで待っていたら、親も子も、そこで取り残されることを覚悟した方がいい。 今がチャンスと、真剣に、前向きに捉えて勉強をしている子ども達は、たくさんいるのだから。 子どものために、自分のために、未来のために、一緒に「今」を頑張ろう! じゃ、免疫力を、落とさないために、今日はもう寝まーす。 次回は、我が家の新型コロナ対策をまとめようと思っています。 では、またっ! み。
スポンサーリンク
おすすめの記事
広告