我が家の”徹底”新コロ感染対策④帰宅後の消毒編。

感染対策シリーズ、ラストです!
前回からの続き。

我が家の感染対策④帰宅後の消毒編。

スーパーから帰ってきた時の、一連の流れは、②の銀行、学校お出かけ編と同じです。

さあ、お風呂から出たら待っている、この作業!
買ったものの、消毒です!

基本は、感染対策①に貼った、YouTubeのゾーニングと消毒。

ただ、今、アルコール消毒が、とても高いですよね。
次亜塩素酸水も、希釈できるとはいえ、そこそこのお値段。

そこで!
経産省でも認められているのが、
界面活性剤入りの洗剤をぬるま湯で希釈した消毒液。

手指の消毒も、石鹸で、ウイルスのエンベロープが壊せるのだから、
物も洗っちゃえばいいんですね。


イチゴだって、リンゴだって、ラムネだって、アイスだって、
お豆腐パッケージだって、お菓子の袋だって、卵だって、
水にぬらせるものは、なーんでも薄めた洗剤で洗っちゃう!!


シンクに入れる洗い桶には、タブトラ(ゴリラタブ)のSサイズを使っています。

 

 

 

 

 

 

 

卵は、以前からサルモネラ菌が怖かったので、
洗剤で洗ってから、冷蔵庫へ入れていました。

水に塗らせないものは、次亜塩素酸水やアルコール消毒液で拭いてから、
収納棚や冷蔵庫にしまっています。

冷蔵庫には、洗ったものしか入っていないと思うと、
なんとも清々しい気分♪

ちなみに、宅配で頼んだものも、洗っています。

だけど、ウイルス対策としては有効でも、
他の細菌に対して、弱くなっちゃいそうで心配な面もあるなぁ。

ウイルスは、完全にゼロにしなくても、量をかなり減らせれば、
それだけで感染を抑えることができるんだそうです。

神経質になりすぎなくても、大丈夫。
外に散歩に出ているだけで、怒られることもあるんだとか?

それは、おかしい。

この生活、数年続くことを覚悟して、
何のために、何を気を付けるべきなのか、
よく情報を取って、考えるべきです。

緊急事態宣言が解除されたとしても、今まで通りの生活が送れるわけではない。

それでも、経済活動は、ポイントさえ押さえれば、
工夫して再開できるところ、たくさんあると思います。

 

だけどね…、
学校だけは、いろんなケースを想定すると、
完全な感染予防対策が取れない。

授業で、机を2メートル開けてもね…、
本当に、子どもって、見てないところでくっつくし、鼻ほじるんです。

とはいえ、小6、中3なら、可能かなぁ。
いや、わかんないなー。
私、小6や中3の子どもを育ててないから、わかんない。

ちゃんとできる子も、たくさんいると思うけど、
理解に乏しくて、「平気だよぉ♪ぴとっ♡」ってくっついてくる子もいると思うんだよなぁ。

友達との接触は感染が怖くて嫌だけど、近づかれても何も言えなくて、恐怖に震えることがあるかもしれない。
または、「きゃー!!」と叫んで、近づいてきた友達を避けることがあるかもしれない。
どっちがいじめ!?状態。

あり得るよね。
中学生でも、高校生でも。

あと、トイレが怖いね。

やっぱり、私は、反対です。
現時点での、学校再開も、分散登校も。
ワクチンないんだもん。
この数日で、子どもの重症例もびっくりするくらい増えてきました。
人種で症状の差はあるかもしれないけど、
色々とはっきりしない今、学校再開は早すぎる。

虐待等の心配があって、登校の必要な子、
給食が唯一の栄養源になっているような子は、
学校に行くことが、救いになる可能性もあるので、
選択性の自由登校が認められたらいいのにな、と思う。

もちろん、オンライン授業前提で。

オンライン授業といっても、先生に負担をかけたいわけじゃなくて。
そこは、もうノウハウのある人たちに任せて、
先生は、個々の生徒のケアに時間をさいてもらいたいなぁ。
(でも、もし自分が学校の先生だったら、こだわって、面白いオンライン授業教材作りたいだろうな。)

あ、また学校のことになると長くなっちゃう。
それは、また今度!

ではでは、皆様、くれぐれも気を付けて!!

もう一回書いとこ。

手指を洗うまでは、
絶対に顔を触らないでね!!!

 

み。

楽天ルームやっています。

↓ミニマリストのお手本がたくさんあります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
広告