こんばんは! み です。


コロナの感染拡大がおっそろしーことになってきましたね…。
Twitterでお医者さんのツイートを見ていると、ついにお医者さん達のお子さん、2学期の最初は登校させずに様子をみたいっていう意見がチラホラと。

子どもの重症化のニュースと、
塾、習い事、部活のクラスターが激増していることから、
慎重にならざるを得ない状況なんだなぁ。

私の周りの親たちも、二学期このまま普通に始まって大丈夫かなぁと不安な様子。
大丈夫なわけないと思うよ。
特に、首都圏近郊は。


ほとんどが、
「一人一台配ったあのタブレット、今使わないで、いつ使うんだよ…。」

っていう意見。ホントだよね。

低学年の場合は、家で一人でオンライン授業を受けるのは厳しいけれど、
上の学年がオンラインになれば、先生達が手分けして、分散登校してきた低学年を見てあげたりって、できないものなのかなぁ。(感染不安な子はもちろんオンラインで。)

先生もワクチンの打てない子ども達と接するのは、移す&移されるの両方で怖いだろうから、フルワクチンの先生が対面担当で、未接種の先生達がオンライン等をやるとか、なんとか全員が守られることを考えないと…。

これ、自治体任せなのも困る。
人によっては、教員であっても、デルタ株を脅威に思っていないし、教育委員会に意見してくれているお母さん達の反応をみると、残念ながら、今までの対策で充分と思っている人達も多いそう。

今までとは違って、子どもが重症化していること、知らないばかりか、
子ども同士では感染しないと本気で思っている、情報の古い人が多くいるんだよね。

・・・いや、本気では思っていないな、きっと。
頭のどこかで分かってはいるけど、大人ほど頻度が高くないから、多分大丈夫だ・・・と思いたい。だって、みんな登校させるし・・・っていう感じの人が多いんじゃないかな。

 

【みんな】の動向が、何より大事な日本人。
それって、我が子、家族の健康より大事なことなのかなー。

と私は思うけど、色々聞くと、地域によっては、周りと違う行動をすることによって、本当に精神的に追い詰められちゃうこともあるみたいだね・・。

なにより怖いのは、私たち親世代の多くが、まだワクチンを打てていないこと。
そして、この親世代が、今一番重症化している層であること。

塾のクラスターで発熱している子どもから感染して、親も発熱して、一家全滅しているケースは、ここ数日でかなり聞く。学校なんて、給食もあるし(塾もお昼ごはん食べてるねぇ。)、学校再開後の感染拡大は目に見えていると思うんだけどなぁ。

我が家のように、小学生だとまだ怖ければ休むっていう選択肢があるけれど、受験を控えた(内申が気になる)中学生や、親の言うことなんて絶対聞かないお年頃の家庭は、休むことが本当に難しいと思うんだよね。

ワクチン打ちたくても打てない子がたくさんいるし。

 

・・・文科省と各政党本部に意見書いて送ろうっと。

不安な声がたくさん届くことで、何かが変わるかもしれない。

 

リネンのカーテンについた猫の毛を簡単に取る方法!

さてさて、本題です。
フルワクチン(2回めのワクチンを打って2週間までは、抗体価が低くて丸腰に近いからね!)までまだ日にちがあるので、デルタ株に狩られないために、ひたすらステイホームです。

で、家の片付けや断捨離、大掃除を少しずつ進めています。

 

カーテン丸洗いもしたよ!!家中の全部のカーテンを洗ったよ!!
窓掃除も同時進行で。

いやぁ、大変だった。

家を建てる時に、こんなに窓を作らなければよかった!!

せめて、小さい窓にしておけばよかった!!

近くに家が建っていたら、どうせずーっとカーテン閉めてるしさー。
ちょっと風が通るくらいの小窓でよかったよ…。

 

それはさておき、

我が家は、レースカーテンの代わりにリネンのカーテンを使っています。
リネンが好きなのもあるけれど、なんといっても、

リネンのカーテンは、猫が登っても、爪で破れたり、糸が飛び出たりしない!!

という、最強のメリットがあるからです。
爪で小さな穴は開くのだけど、洗濯しちゃえば穴が消えちゃう。とにかく丈夫。

ポリエステルのカーテンは、どうしても猫の爪でボロボロになっちゃうから…。

だけど、リネンのカーテンには、大きなデメリットもあるのです。
それが、コレ。

猫の毛がすげー!!!

リネンや綿のカーテンって、めっちゃ猫の毛が付くんだよねぇ!
ポリエステルのカーテンにここまで付いたことはないです。

特に出窓に猫ベッドを並べているから、ひどいんだ。
3匹の抜け毛は半端なくて。
このカーテンをそのまま洗濯機に入れてしまったら、洗濯機が壊れちゃいそうだよねー。
ちなみに、普通にコロコロをかける程度じゃ、太刀打ちできません。

 

じゃ、カーテンの猫毛を取る方法いきまーす。

まず、マスクをします!!(しないと、一日くしゃみ地獄)
そして、水をいれたバケツとタオルを用意します!

あ、スポンジは使いません。(バケツ、可愛いでしょ。野田琺瑯の。)

バケツの水を飲まれないように、スポンジを浮かべただけ。笑

でね。

手をバケツの水で濡らします。

そんで、こうやって、濡れた手でカーテンを挟んで、下になでおろす。

すると、あんらまぁ!
毛が集まってくるよー。

これ、ゴム手袋や、スポンジ、エチケットブラシ、コロコロ・・・色々なもので試してみたけど、素手が一番よく取れた。

このように、手でつまんでポイです。

このままだと、まだ細かい毛がカーテンについているので、ここでやっとコロコロの登場です。

さぁ、すごいよ!!このコロコロ!!

ノーストレスのコロコロはコレだぁ!!【アイリスオーヤマ】のカーペットクリーナーが優秀すぎる件。

 アイリスオーヤマのカーペットクリーナーです! もうこれ最高!!

 

 コロコロの一番のストレスは、めくるとき!
変なところで破れたり、くっついたり。 ラップのそれを上回るストレス!!
だけど、これ見てー!
白い線の所で、大きく斜めに切り込みが入っていて、めくる時のストレスが全然ないのです! (白の線があるのは、使い始めだけ。)
しかも、生活感のないこの見た目!
ストックしておくのに、重要なんだよぉ!!
白もあるよ!

一枚剥がしたあと、端の部分を、少し折り込んで使うと、さらにノーストレスです!
超オススメ!

これは、ここにリンク貼っておこう!

 

これね、床にいきなり使っても、べりーってくっついたりしないのに、猫の毛はしっかり取れる優れもの。
(だけど、カーテンにびっしりついてしまった大量の猫毛はさすがに無理・・・というか、もったいない。)

 

ここまでやると、カーテンを洗う前から、ここまでキレイ!!

この状態にしてから、ようやく洗濯機に放り込みます。
いやぁ、ほんと大変なんだよ。

これから家を建てる人にアドバイスしたい。

窓の数と大きさは、必要最小限でいいと思う。

(窓掃除もカーテン洗いも大変です。)

 

 

そうそう、窓掃除したせいか、蛾が入り込んじゃったみたいでね。
夜中に目が覚めた時にそれを目撃して、恐怖でしたよ。
まっ茶色の大きい蛾が、みりんの寝ている真上で、大暴れしていて。

しばらく窓を開けておいたら、姿が見えなくなったので、外に出たみたい。(そう思いたい。)

旦那ちゃんにとっては、5~6センチの蛾は、小さいんだそうで。
20cmって・・・!
そういえば、昔、よくキャンプに行っていたんだけど、B5ノートくらいの巨大な蛾が、街灯に集まって、バッサバッサしていて、ぎいやぁぁぁ!!!ってなったことあったな…。

うちの旦那ちゃんは、キャンプ好きじゃなくて本当によかった。
あんな大変なの、もう二度とやりたくないわー。(←本音が過ぎる。)

 

このコロナ禍で、意外とキャンプが好きな人が多いのかなぁと思ったけど。
きっと、子どもの体験のために、虫嫌いと日焼けをグッとこらえて、嫌な顔をしないように頑張っているお母さんも多いと思うので、せめて料理は・・・料理は!!!!

パパ頑張れ。

(洗い物もセットだ。)

あとさ、生理の時にキャンプは、ホント勘弁。
それは、ドタキャンしてでも、延期してあげてほしい。

 

あとさ、あとさ、虫よけスプレーね。
ディートが入っていないオシャレ自然派?な虫よけは、経験上、かなりの確率で刺されるから、キャンプに行く時は、ディートの入っている虫よけがいいと思うよ・・・。
小さな子どもだったら、イカリジンの入っているやつ。

 

話を詰め込み過ぎちゃった。
ではでは、みなさま、どうぞご安全に!!!
できれば、ステイホームで、一緒におうちをキレイにしましょう!!

 

ではっ!!

み。

 

 

ビスコいっぱい♪猫づくしのスタンプは、こちらです!↓


https://line.me/S/sticker/15914880

楽天ルームやっています。

↓ミニマリストのお手本がたくさんあります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
広告