こんばんはー。み です。

日中40度を超える暑さの中、普通に学校が始まってしまう!危険すぎる…

あ、いや、うちは二学期も自主休校なんですがね。

それでも、他の子ども達が心配。

文科省や教育委員会にも、多くの保護者から、心配の声が来ているそう。

でもそれ以上に、もう休校は勘弁…、分散登校も仕事に行けなくて困る…っていう連絡が来ているんだってさ。ほんとかー?!

たしかに、毎年、夏休みがキツいって親は多いけどさ。それはそれ。

今年は命に関わる熱中症やコロナのことで、心配している親は多いよね?!

それに、学校や教育委員会、議員にまで電話しちゃう、私みたいな強気?!なタイプって、そんなに多くない。(私だって、相当緊張する。)

ママ友の多くは、色々不安だけど、学校に電話したら先生達にクレーマーと思われちゃうかなーって心配している。

だから、学校や教育委員会、文科省や議員に届いている声が民意とは言い切れないと思う。

それにしても、この暑さで登校させるんだ…本当に。

小さな一年生。地面から近くて、体感温度はさらに上がるのに、新学期の重い荷物とランドセル。首からは重い水筒さげて…帰りはきっと顔を真っ赤にして帰ってくるんだよ。想像しただけて、泣きそうなんだけどー!!

あとは、もう保護者判断しかない。

前日、子どもが少し寝るのが遅かったとか、朝、ちょっと元気なかったとか、そもそも、今無理に学校行かせる必要あんのか?!とか、少しでも不安に思ったら、お休みさせるのも手段だと思う。

学校の3階でエアコンかけても、40人の生徒が集まって、窓開けて換気してたら、室温が下がらないって、先生も言ってた…。

我が家の斜め前のお宅のお兄ちゃんは、真夏に部活でサッカーやっていて、熱中症で倒れ、そこからずっと車椅子生活。もう何年も前の話だけど、今もそのお兄ちゃん、喋ることもできないよ。毎日、唸り声だけ聞こえてくる。

ほんの数時間が命取りになるのが熱中症。

みんなが行くから、うちも行く。学校が決めたことだから、行くしかない。って判断は、もうやめるべきだと思う。

もちろん、暑さに体が慣れている子、

学校という居場所や給食が命綱になっている子、

お子さんが学校へ行っていることで、私達の命や生活を守ってくれる仕事に行ける保護者など、

色々なケースがあるから、一律にどーしても休校にしてって言ってるわけじゃない。

登校かオンラインか、選択肢が欲しい。

…って、一体、日本は、何ヶ月かかってんのじゃー!!怒 って話です。

もっと、子ども達の命を優先させることはできないの?どう見ても、授業数の消化のために、危険と隣り合わせの学校へ命をかけて通って、詰め込み学習してくるようにしか見えないのだけど!!!

自分の娘は休ませるけれど、なんともこのモヤモヤがおさまらない。

子どもが一番に守られない日本という国に、腹立つんだよー!ぬぉー!!

そんなことばかり思っていたら、なんだか心がビリビリに裂けたみたいなダメージがあって、胸が、ズーンと重苦しい。

そういえば、最近ずっとイライラしてたなー。娘もイライラして泣いてばかりだった。(主にリコーダーが上手くいかなくて。)

で、旦那ちゃんに、色々愚痴って、ついでに、私の家事を中途半端に手伝わないでいいから(←マイルールにそぐわず、やり直すハメになるから。)子どもと思いっきり遊んであげてとか、ちょいちょいと自分の要望を折り込みながら笑、一方的に喋りまくった!

愚痴っても、気分はなんにも変わらなくて、言葉は悪いけど、クッソムカつく!ってのがピッタリな気分で、その日は寝ました。

で、夜の12時頃だったかな…。みりんが、突然起きて、泣く泣く喚く。あんらー、9才も夜泣きってあるっけ?

子ども同士でキャーキャー遊ぶ機会がないから、ストレス溜まってるんだろうな。

そしたら旦那ちゃん、授乳中の母の如く、さっと起きて(授乳期はイビキかいて寝てたけど。)、134㎝27㎏を抱っこー!!

え?マザー!?

で、優しく言葉かけて、でっかい赤ちゃんをあやしてた。

やはり、マザー!!

それを見たら、あんなにビリビリだった私の心が、じわじわっと元に戻って、怒りの気持ちがすーっと消えていって。

なんだこれは。

ケアル?ホイミ?ベホイミ?ヒール?

もし、治癒魔法があって、心の怪我にもかけられるなら、まさにこんな感じだろうなってくらい、みるみるうちに私の破れた心が、くっついていった!

なにこれ、すごい癒し効果!

多分ね、私は父親に抱っこしてもらって…とか、遊んでもらって…とか、そういう経験がないから(孫には超優しいけど。)、娘を通して、自分が癒されてるんじゃないかなーと思う。

それは、自分が母親として娘を抱きしめてあげることでも、ちょくちょく感じていて、娘を癒しているのと同時に、幼少期からの自分が、丸ごと癒されているんだなーと感じることがあって。

別に両親は毒親とかじゃないんだけどね。

それと、私が旦那ちゃんに望んでいたのは、家事の手伝いじゃなくて、娘とじっくり向き合って欲しいってことだったんだなーと、改めて気付いて。

ちゃんと伝えておいて良かった。

翌日からも、お昼休憩の時は、必ず、「何して遊ぶー?」って、みりんに声をかけてくれている。みりんが、ゲラゲラ笑ってお父さんと遊んでいる姿を見ると、本当嬉しくて、美味しいご飯作ろうって思える!

そうだ、この癒やし効果を、みりんにも体験してもらいたいなーと、実験。

みりんが、グズグズめんどくさくなる時って、だいたい私が家事をしながら相手をしている時なんだけど、

みりんの顔が曇ってきたら、家事の手をピタリと止めて、顔をみて、癒してあげたいなーって気持ちで向き合ってみる。

今までは、「ハイ出たー!泣けばいいと思ってんなー。」とか、「少し間違えたくらいで、周りの雰囲気まで悪くするのって、ホント迷惑なんですけどー。」とか、「はー!めんどくさい性格だわ。」そういう気持ちで接してたり、時にはそのまま口に出ちゃったりしてたんだけど…。

あの癒やし効果を、是非我が子にも!という想いで、毎度向き合ってみたところー!!

まず、私自身が全くイライラしなくなった!!

こんなに大きく育ったのに、泣き顔は赤ちゃんの時と変わんないや…とか、

大きな体で突進してきて、脇の下にガッと頭を突っ込んでくるとか、

泣くとまともな日本語喋れなくなっちゃうとか、

口がへの字になるのなんでだろうとか、

可愛いポイント連続発見…。

で、優しい気持ちで包んであげると、もんのすごい…もーんのすごい速いの!泣きから笑顔への移行が!!

これ、絶対癒されてる!うちの子、癒されてるよ〜!!

自分の胸で、しがみついて泣いてる子が、顔上げてニッコリ笑った可愛さったら、これは、たまんないよ〜!!

アイラブムスメー!!

劇的変化でございました…。

さて、一方で。旦那ちゃんは、何で満たされているかというとー。

「さっき、チェロ買ってきたよー。」

は?チェロ?さっき?!

…って、なにそのミニミニコントラバス感!!イメージ違っ!

と思ったら…

「つーか、こうするとめっちゃ弾きやすいわ!」

ってー!!弓どうしたよー!!

「弓使うとビブラート難しいよ、やってみ。」

と言われて、なんとなくドレミを探しつつ弾いてみると…、笑笑笑!ホントだ、右手の弓もビブラートで揺らしたくなる〜!!めちゃ、難しい〜!!笑笑

しかし、なんでチェロやろうと思ったー?

「弦楽器も弾けるユーチューバーになろうと思って…。」

まだユーチューバー諦めてなかったんだ、すごいな!チャンネル登録数は、5人から16人に増えたらしいです。

ガ、ン、バ、レ、、、!!

ではっ!

み。

スポンサーリンク
おすすめの記事
広告