お久しぶりです。み でございます。
年末に、新年の投稿はガーデニングにすると書いた気がします。
4月の新学期が始まる前までにはカタをつけねばなりません。

2月下旬には自主休校の娘が登校をはじめ、
強制給餌&介護の愛猫オレオが自力でご飯を食べ、オムツも取れて、
小さかった子猫のビスコが、生後4カ月にしてオレオの体重を超え(今、3.2キロ)、
自治会の会計業務は決算報告を終えてラストスパート(これで足かけ5年の役員おわり!)
少しずつ変化のある我が家です。

インスタの国際ロマンス詐欺に遭遇した話とか、
娘の登校後のメンタルとか、
ビスコがバカすぎて癒しになっていることとか、
書きたいことがたくさんあるんだけど、
今日は、庭!庭に絞るよ!!

庭以外は、お口チャックで頑張ろう、私。

(ここまでで、370文字喋っとる。)

10月から3月までの庭!秋冬から春までの移り変わり。

さてさて、我が家の庭ですが。
ほんの数か月前、2020年の夏までは、雑草だらけの放置庭!
早朝、汗だくになって、「コンクリートで埋めてやる…コンクリートで全部埋めてやるからなぁ!!」と、ブツブツと呪うように草取りをしていたのが、夏の終わりだったかな。

で、コンクリートで外構をやるにあたって、予算をとことん抑えるために、自分でエクステリアデザインを考えたりしていて。

あーでもない、こーでもないとやっているうちに、「コンクリートにする前に、自力で庭を整えてみるか?」と思い至り、大きな切り株を伐根したり、砂利を洗ったり、地道な土木作業を繰り返し、なんとか庭っぽくなったのが、2020年の秋です。

こーんな感じで優雅な庭時間を持てるようになったのは、今年はじめてのこと。

まだ子猫のビスコ達が来る前の写真だったから、10月下旬の写真かなー。

では、そのころの我が家の入り口はこんな!

うちは旗地になっていて、入り口が砂利道なんですが、横を向けば、セージとオリーブ!
あ、これ実家の母の庭ですね。うちじゃない。笑

少し砂利道を進むと、我が家の庭へ。
この砂利道が車を縦に3台分並べたくらい長いので、固定資産税がねぇ…。

 

って、庭以外のこと、喋っちゃダメー!!!


黒板ペイントで黒く塗った植木鉢には、紫式部を植えていますが、冬にはただの枯れ枝に。
手前の紫色のトウガラシ(だっけかな?)も枯れて、3月中旬の今はビオラがモッサリはびこっています。
後ろのブリキの看板が傷だらけなのはね、なんか暗号みたいなのが書かれてたの!
これ、泥棒のサインなんじゃない!?

「コノイエ、カネメノモノナシ。ツネニBBAイル。」

みたいなさ!!こっわ!
というわけで、上からけ削って消したの。

・・・って、消さない方がよかった内容だったり?


入口左側、玄関前には夏に植え替えたオリーブを置いています。
植え替え、土も鉢も重くて大変だったんだよねぇ。

なので、プラ鉢に植え替えました。


オリーブって、雰囲気いいよねぇ!
年中、剪定しています。
基本は、芯を決めて、交差枝をカットしたり、下向きの枝をカットしているんだけど、
どれくらいスカスカにさせるかは、
「小鳥が通れる隙間を作ってあげるつもり」でカットするんだって!
素敵な剪定基準だなぁ♪

 

 

おー、10月末はまだアナベルの葉っぱが緑だね。
もちろん、2020年に植えたばかりで、一度も花をさかせていません。
これも紫式部と同じく、冬から枯れ枝状態。3月になっても、芽吹く気配もないけど、こんなもんなの?

アナベルの後ろは、フカフカの土ですが、チューリップの球根がこれでもかって植えてあります。
何色の球根を植えたか、全く覚えていないので、咲いてからのお楽しみ。
ボケもまたよし。

3月の今、近所の野良猫(自治会で避妊手術済み)がトイレに使っているようで、たまに球根が掘り起こされています。

むむむ。

猫好きの我が家としては、なんとか穏便に対処できないか、考え中。
今は水を撒いて対策しているけど、いっそ外猫トイレを作ってしまおうか検討しています。
ご近所、みんな困っているので、トイレ引き受けようかなぁ。
でも、いろんなところでするのが猫だから、解決にはならないかね。
うちで飼ってると思われても困っちゃうしなぁ。

庭荒らし解決には、なるかもしれないけど。


娘のハウス型プランター。1月くらいから白いアリッサムは枯れて、今はパンジーだけになっています。

 

 

 

この丸いコーナーに、さみしく咲いているグリーンの花はエキナセア。
グリーンジュエルです。左となりに、ロータスブリムストーン。


11月にはエキナセアも枯れてしまい(宿根草だから、そのうちまた芽が出る)、土部分が多いと、またお猫様のトイレになってしまうので、真ん中にデイジーを植えたのが2月のはじめ。

デイジー、可愛いねぇ!!
こんなに寒い2月3月でもいっぱい咲いてくれます。
(ついでに、お水もやたら必要とする花のようです。)

丸いコーナーの隣に、寄せ植え3つ。
アンティークカラーなのが、めちゃくちゃ気に入っていたコーナーです。
ホテル?の看板が、薄むらさきで、秋を思わせる渋さがオシャレなコーナーに仕上がったと、自画自賛していました。


上のが10月末の写真ね。

が。

3月現在。葉牡丹、めっちゃ食われたわ。


この日は雨を予想して前日水やりをしていなかったので、しなーっとしてる。
それと、看板が変色して、青くなってしまった。
葉牡丹が派手に食べられていたので、どんなイモムシが付いているのが、恐怖していたのだけど、
犯人は鳥でした。
隣の母屋の芽キャベツも全部鳥が食べていったよ。
紫の千日紅は、12月には枯れていました。

 

 

それから、屋根のついたプランターに、緑がシュルっと美しかったカレックス。
枯れてないのに、カレックス。

これがさー。


3月になって、枯れ草色のモケモケ付けてんの。見えるかな?

この稲穂みたいなやつ!
写真だと分かりにくいけど、パッと見、イモムシみたいで、超気持ち悪いよ。
アンティークカラーのビオラはモリモリです。

 

あと、一番左のブリキのバケツに、ヒューケラ、ビオラ、葉牡丹、リシマキアと寄せ植えしていたやつ。


真冬にヒューケラ瀕死。
ビオラと黒いリシマキアが大繁殖しています。
この紫の葉牡丹は、全く鳥にやられていない。
好き嫌いすんなっ!

 

紫の葉牡丹といえば、10月、庭の奥の大きな鉢植えに、
紫葉牡丹、ローズマリー、ヒューケラ、ビオラと寄せ植えしていたんですよ。


この時、すでに葉牡丹がニョキっとしていて、バランス悪いなーと後悔していたのだけど…。


3月現在、さらに斬新なバランスへ。

なんじゃこりゃ、わらう。

ローズマリーは、隣のオカンがお料理にチョンチョン切って使うので、大分小さくなりました。
ローズマリー、使わずに放置すると、木になっちゃうから、いいんだけどね。

 

10月には、こんなポットみたいなのに、ビオラを植えていて。
この時は、ささやかに咲いていたなぁ。
(お隣の球根はサフラン。いっぱい咲いて、真っ赤なめしべをたくさん収穫しました!)

その後、なんだかカッコイイ看板を、メルカリで入手!
そして、可愛くないのに妙に引かれる木製のシマウマを買ってしまう。


ここのビオラも、3月現在、モリモリです。

ちょっと画像が暗いけど、可愛いよ~!!

そうだ、クリスマス前には、庭のオリーブに飾りをつけて、クリスマスツリーにしていました!


なかなかいいアイデアでしょ!

後ろにちらっと写っているバケツの鉢には、ブラックベリーとビオラを植えています。
これ、11月半ばの写真かな。


ひたすら横に伸びていくブラックベリー。地植えして3年目くらいでやっと実をつけるようになりましたが、あまりに横に伸びていって、まるで通せんぼしているように足に引っ掛かるので、鉢植えへ引っ越したもの。

これが、真冬にちょっと色が悪くなってきて、3月現在こんな感じ。

おぅ…。
ちょっとハロウィンなイメージだね。

大丈夫なんかな、コレ・・・。あとで調べよ。
ビオラもなんだか黒ずんできたような。

 

下の写真は秋に撮った、庭全貌ですが、左奥、蛇行している部分が土ばかり。
ここに、歴代の猫達のご遺体が埋葬されているので、しっかり掘ってしまうと、出てきちゃうかなーと思って、なんとなくタイムを這わせようと放置していたのだけど…。

土部分は、見事にお猫様のトイレになっちゃうんですよねぇ。
さすがに愛猫達の亡骸の上をトイレにされるのは嫌なので、
秋冬の花をいくつか植えました。

最初はプチダリア、チョコレートコスモス。
可愛かったけど、すぐに開花時期を終えてしまった。
宿根草なので、また来年のお楽しみ。

次に植えたのは、カレンデュラ コーヒークリーム、それから、オステオスペルマム。
どちらも秋のニュアンスカラーが超可愛かったけど、マムはもっと早くから植えて楽しめばよかったなぁ。
12月には枯れてしまった。マムなら、また来年花が見れるね。


オステオスペルマム。淡い秋色が可愛かったです。

後ろに誰かいるね…。
これは、オステオスペルマムとカレンデュラコーヒークリーム、それとローズマリーとブリムストーンをカルティオのガラスに飾っています。

カレンデュラは、1月2月の寒い時は、咲いている途中で枯れてしまうので、つぼみの状態でカットして部屋に飾っておくと、部屋で開花していました。
2月後半になって、少し気温が上がってきたら、また庭で咲くようになったよ!
残念ながら一年草扱いなので、また来年も買おうと思います。かなり長く楽しめました!

 

2月のまだ寒い時でも、元気に咲き誇っていたのは、アネモネとデイジー!


アネモネは、八重咲きの凜々花という種類を植えています。
渋みのある赤からピンクがかったもので、これもすごく可愛い!!
ピンクのデイジーもよく咲いています。



あとは、はしご!!
庭に、ラダー(はしごって言えばいいじゃん)を置きました!


いやあぁ、強風の時は倒れるから注意!
庭に置いてあるものは、妹のアドバイスにより、木製のものを選んでいます。
なぜ木製かというと。

何年も経って飽きてきたときに、木製ならば、ちょうど腐って、捨てやすいから。

長くゆっくりアンティークなものを愛でるのも憧れるけど、そうなの、私はとっても飽きっぽいのです。
アンティークなブロカントな雰囲気のものがゴロゴロしているのも好きだし、
潔く、なーんにもないシンプルなのも好き。

どっちが、どれだけ好きかは、自分でも分からなくて、その時によって違う。

今の好みが一生続く気が、ぜーんぜんしないので、捨てられる木製で。
でも、とっても気に入っています。

最後に、庭のいたるところに植えてある、クリスマスローズの写真を貼っておこ。


クリスマスローズは、元々となりに済む母が育てていて、こぼれだねでどんどん増えたものをもらっています。8年前にうちの庭に、数株移植。
自分で選んで買っていないから、そんなに愛着なくてね。
葉っぱが硬くて大きくて、触ると痛いから、毎年、芝刈りの時に、ビュンビュンと全部の葉っぱを無慈悲にカットしておりました。でも、かならず花が咲くんだよねぇ。

そんな話を、楽天ROOMのガーデニング仲間たちとおしゃべりしていたら、なんと、クリスマスローズは、古い葉っぱをカットするべきものなんだって!

その方が、下まで日が当たって、花芽が上がりやすいんだってさー!
若くて可愛い新緑色の葉っぱがささやかについていて、健気に冬の庭に咲いているクリスマスローズ。
話題にしていたら、どんどん愛着が湧いてきて、可愛くて仕方なくなってしまった。
今までぞんざいに扱っていて、申し訳ありませんでしたー!!

しかも、クリスマスローズって、買うと高いのね!!
知らなかったよ。どんどん増えるから。
どうやら、夏の暑さに弱いらしく、我が家の半日陰の庭が、クリスマスローズにあっているようなのでした。

 

さて、久しぶりに長ブロしたな。
コロナこえぇぇって、引きこもっている私は、もっぱらネットで苗を買っています。
ネットで苗なんてーと思ったけど、どこのショップも驚くほど状態がよくて、ホームセンターに付属している園芸コーナーの植物を見た時には、あまりの萎びた感じに驚きました。

ネットショップ、やるなぁ。

後ほど、私が購入したネットショップ(全部楽天ね。)、ウィジェットに載せておきます。

 

さあ、まとめ。(いるのか?)

ガーデニング初心者の私は、冬に花があるって知らなったんですよ。
ビオラパンジーくらいでしょ?って。
だけど、冬に咲く花、たくさんありました。
そして、虫が出ない!なんと素晴らしい!
さらに、日焼けしない!!素晴らしすぎる!!
極めつけは、雑草が生えない!!!神がかってる!!!

ガーデニングってのは、秋から春までが最高の季節と知りました。

これ、きっと、夏は大変なんだろなー
しかし、放置すると、またとんでもないことになるので、情報収集しつつ、ラクな庭の維持を模索してみます。

 

やっとカタがついたわー!

ではっ!!

み。

 

 

楽天ルームやっています。

↓ミニマリストのお手本がたくさんあります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
広告