こんにちは。み です。

朝ご飯の時、まだお布団の中で寝ている旦那ちゃんに、


「朝ごはん、トーストにする?たい焼きにする?」と声をかけたところ…。

布団から、おもむろに腕を持ち上げた旦那ちゃん。
もぞもぞしているなーと思ったら、
その両腕を、ウルトラマンのポーズみたいに重ねて、

Tの字を作ってた。

 

・・・どっちもTだけどな!!

たい焼きを出したら、「トーストが食べたかったのにぃ。」と言われましたよ。
知らんがな。

朝ご飯に、たい焼きっていうのも、アレだけどね。

 

自治会 会計 をラクに。

それにしても、最近、まめにブログ更新していないのに、妙にアクセス数が上がっていると思ったら、「自治会 会計」っていう検索でここにたどり着く人が多くて!

いやはや、本当にご愁傷様でございます。(去年も言った。)

私はといえば、この3月末で会計卒業ですの。
コロナ禍で、対面の引継ぎというのが難しいため、新会計さんとは、往復書簡のように手紙やメールをやりとりして、ようやく引継ぎも終わりました。

せっかくなので、2年間会計業務をやっていて、これだけ押さえておけば自治会会計は楽勝だ!というポイントを残しておこうと思います。

 

自治会会計は、自治会長が立替払いしてくれると、超楽勝モード。

これは、自治会によって、大きく差が出るところなんですが。
自治会長さんが、すべて自分のお財布から立替え払いをしているところは、ハッキリ言って、
会計は、超楽勝モードなんです。

 

会長さんが「コピー用紙買うのに500円かかりました。ほい、領収書。」って渡してくれれば、
その金額を用意して、領収書をノートに貼り、

現金出納帳に 「〇月×日 事務用品費 コピー用紙 500円」

って記帳すれば終わりです。
日付は、会計のお財布から出ていった日で記帳。
「事務用品費」みたいな勘定科目は、前の帳簿を見ながら振り分けるしかないかな。

 

手書きの場合は、科目別台帳にも転記しておきますが、
こんなものは、無料の会計ソフトを使えば、自動で登録&プリントアウトできるので、
会計ソフトを使わない手はないです。

私は、ちまたの会計というフリーソフトを使わせてもらいました。
スマホでもPCでもできて、ExcelやPDFの出力も可能。収支計算書だって、自動で出てくるよ!

予算も入力できるので、ここから決算報告書も作れちゃいます。
超オススメ!
お小遣い帳方式の単式簿記での記帳なので、簿記知識のない人でも簡単に使えます。

 

そんなわけで、基本は、自治会長さんが立替え払いの会計さんは、もう余裕ぶっこいて大丈夫です。
記帳だけはマメにしないと、後に大事故につながるので、そこだけはとにかくマメに!

あとね、領収書と、出納帳の記帳に、ナンバリングしておくと、会計監査の人がラクだと思うので、つけてあげて欲しいですね。日付でもいいんだけど、領収書の日付と記帳の日はズレるのでね。

ちまたの会計 を使う場合は、項目欄に、数字を入力するだけなので、やっておくと便利です。

【収入】

4/1 自治会費 3.〇〇アパート分4世帯 12000円 

って感じかな。
もちろん、同じ数字を領収書にも書いておいてくだせぃ。

毎年決まった額を支払うモノは、先回りして用意してあげよう!

この立替払い方式は、会計は受け身でラクなんだけど、自治会長さんの負担は結構大きいです。
特に、出費が重なる月は、個人の負担が大きすぎる。
知り合いの会長さんは、お一人で30万円くらい立替え払いしていると聞いて、ビックリ。
それは、さすがに可哀想だなぁ。

私の時は、毎月頭に、前年度の会計帳簿をチェック。

その月に毎年決まった額の支払いがある場合は、
それを一覧表(ただのメモ)にして、会長さんに「今年も同じ額でいいですか?」と確認。

で、額が確定しているモノに関しては、その額を先に渡していました。
これは、会計のお財布から出た日付で、現金出納帳に記帳するので、
あとで、渡した渡していないのトラブルにはなりません。
なので、仮払金扱いはせず、会長に渡した日が出費。

後から領収書をもらって貼り付けます。

最初これを、仮払金として扱っていたのだけど、金額は確定しているから、2回も記帳する必要はないなと思い、やめました。専門家じゃないから正解は分からないけど。

自治会長さんが、あまり信頼できない方だったら、仮払金扱いで、一筆残した方がいいかもしれないですね。

 

うちの自治会長さんは、早朝から、小学生の登校の見守りをしてくださっていて。
雨の日も雪の日も。

登校班についていけないような、ちっちゃい新一年生の後ろから歩いてあげたり、
町内の子ども達のことを把握しているような尊敬できる方なので、
私は、この自治会長さんのためなら、役に立つような仕事をしたいなと思っていました。

これが、ただのエラソーなジーサンだったら、会長が自分で申告してきた分しか用意しなかったと思う。
何万円立替え払いしていようと、「へー。大変ですね。」と他人事だったかもな。

 

あとね、地域の野良猫被害でみんなが困っていた時に、
自治会のオッサンで、「保健所に連絡して、全部殺処分してくれ!」って言った人がいるんですよ。

その時、うちの自治会長は、みんなの前では、その人を非難せず(私は非難したいが)、保健所や市役所に相談するねって話をして。その後、市役所との相談の結果…という形で、自治会内の猫好きを集めて、ボランティア団体と協力して、1週間で野良猫を何十匹も保護!
全部去勢避妊手術して、元の場所にリリースしたんですよ!!
(これは、勘定科目を厚生費にしました。募金も集めたよ。)

我が家も、家族総出で、朝の5時くらいから野良猫パトロールしたよー!

猫のトイレ問題はすぐには解決できないけど、野良猫自体は、もう増えないと思うから、これでなんとかやっていこうねって。

で、自治会のお金を使って、大きく活動することで、町内の餌やりさん、無責任な飼育をしている人、外飼いしている人に対して、特定の個人を責めることなく、適切な飼育アナウンスと保護猫啓蒙活動を両立させたの!

すげーな、うちの自治会長!

というわけで、私は自治会長をリスペクトしていたので、
会社でのアシスタント業務の如く、先回りで色々と用意するようにしていました。

ちょっとはお役に立てたかな。

金額が未定かつ高額になりそうな出費は、仮払金で多めのお金を渡してあげよう!

例えば、運動会やお祭り等のイベントがあって、
自治会長や副会長が、事前にお土産だとか、景品だとか、今はやめて欲しいけどお弁当の手配だとか、
そういった、事前にハッキリしないお金だけれど、一人で負担するには、数万円を超えそうだなという場合には、前述した「仮払金」という勘定科目を使います。

「お弁当代が3万5千円くらいになりそう?じゃ、とりあえず4万円渡しておきます!」
という時の処理です。

ちなみに、「私(会計)、ずいぶん前に会長に〇〇円渡しましたよ!」「え?オレもらってないよ?」
というトラブルを防ぐために、仮払申請書 と 仮払清算書 というものが、市販されているので、
これらを使うと安心です。文房具屋さんにあるよ。

仮払金の処理は、複式簿記ができる人なら、別になーんも難しくないんだけど、
自治会の会計って、たいてい単式簿記なんだよねぇ。お小遣い帳形式。

で、ちまたの会計 を使っていると、この入力方法に少しコツがいります。
大したコツじゃないんだけど。

具体的には、

5月10日にお弁当代が3万5千円程度かかりそうだ。では5月1日に、会長に4万円渡しておこう。

という処理の場合、入力方法は、

【支出】
5/1 仮払金 お弁当代 40000円
と入力(記帳)。
で、5月15日に、お弁当代が38400円 という領収書をもらう。入力(記帳)は、
【支出】
5/15 仮払金 お弁当代(仮払金戻し入れ) -40000円
5/15 会議費 お弁当代 38400円
とすれば分かりやすいかと。
勘定科目での「仮払金」は年度末の決算には0になるので、ややこしいこともなく、
同時に仮払金処理でのお弁当代の受け渡しがなされたことは、現金出納帳にも科目別台帳にも記帳される。
便利だー。
ポイントは、仮払金の処理を【支出】のところで、マイナス計上すること。
(【収入】に入れてしまうと、決算書にどちらの数字も残って、決算書の数字が膨らんでしまう)

それから、おつり は記帳しないこと。

この2点でしょうかね。

これで、単式簿記や会計ソフトでも、仮払金の処理が可能です。

 

同じやり方で、3月に次期分の自治会費を先に受け取ってしまった場合は、「前受金」という勘定科目で記帳して、4月になったら、「自治会費」かなんか?の収入の勘定科目に振替。
【収入】で、後から「前受金」同額をマイナス計上してしまえばいいのです。

そうすれば、残高と帳簿が合わない!なんてこともなく、期をまたいだ処理ができます。

って、私、会計素人だから、この処理が正しいのか分からんけどー!!

気になる方は、会計士さんに相談したり、ネットで調べてくださーい。
自治会の会計だったら、こんなんで大丈夫だと思うんだけどね。

で、ちまたの会計を使っていれば、月末や年度末に出す収支計算書とか決算報告書なんかは、自動で出るので。
楽勝でございます。

とにかくマメに記帳すること!

そんなわけで、誰でもできる会計業務なんだけど、
後で記帳しよーとか、後でまとめて領収書を貼ろーとか、
後回しにするタイプの人は、気を付けた方がいいです。

レシートなんて小さくて、すぐなくなっちゃうしねー。

うちなんて、目を離したら、ビスコがレシートをモグモグしているし、
大きいサイズの紙も、その辺に置いておいたら、ビリッビリに破られる。

「後で」が命とりに。

 

それに、お金のことだから、きちんとやらないと、一生信頼を失う事態にもなり得るわけです。

帳簿と現預金が一致しているかも、毎月チェックしておくといいと思います。
1ヵ月分なら遡って調査することもできるけど、1年分は相当大変だから…。

 

「きちんと」「まめに」が大事ですねっ!!

 

でも、会計を任せられるってことは、「こいつ、やべーな。」って人ではないと思うんですよね。
普段の言動で、きちんとしてる(っぽい)な、という印象の人が頼まれるんではないかと。

クジだと分かんないけどねー。

もし、会長・副会長の方がこれを読んでいて、
「今度の新会計さん、クジで当たっちゃった人だけど・・・大丈夫なんかいな?」
と心配な場合は、事故を防ぐためにも、毎月月末に、当月分の現預金出納帳の写しを出してもらった方がいいですよ。

1年たってからの発覚だと、本当に、どうしようもなくなるんで…。
で、多分、尻ぬぐいをするのは、会長・副会長だと思うので。
すっごい大変だと思うので!!

 

それと、会計の仕事は、未就学児のいる家庭や、病人の介護など、大変な事情がある家庭には押し付けないであげてほしい。
ちゃんとやるのが無理とは言わないけれど、しわ寄せは絶対家族にいくから。

でもまぁ、そんな状況でも「やらないとダメ!」なんて言う自治会があろうものなら、さっさとやめた方がいいですね。
そんな自治会、何の役にも立たないわ。

作業中のPCキーボードの上を、猫が歩いても大丈夫なように、マメにctrl+Sで保存も大事だねぇ。
(Excelで来年の予算案作っている時に、ビスコにやられたー!)

 

それでは、新役員の皆様、頑張ってください!!

ではっ!

み。

 

楽天ルームやっています。

↓ミニマリストのお手本がたくさんあります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
広告