こんにちは。
普段、あまり仕事の話をしない旦那ちゃんが面白いことを言いました。
会社の部のメンバーに、
「やりたくないことは、やらなくていい。やりたいことだけをやってみて。」
と言ったんだそうです。

えぇ?

私は、人がやりたがらない仕事に、価値を見出して頑張ることは、大事なことだと思っています。
でもそれは、その仕事が、本当にやるべき大切な仕事であることが前提の話。

でも、旦那ちゃんが考えたのは、その前提を疑うことでした。

皆が、やりたくないって潜在的に思っている仕事は、実は、無駄だったり、やらなくていいことが、隠れていることがあるんだよ。みんなが、やりたいと思うことだけをやっても、意外と会社は回るよ。」

もちろん、部のメンバーがやりたくない仕事のすべてが、不要なわけではなく、
その部分のフォローは旦那ちゃんがやっているそう。
でも、そういった仕事が増えることよりも、
部のメンバーがストレスなく仕事をしてくれる方が、
最終的には自分にとっても仕事がスムーズに回ってプラスなんだそうです。

なるほどー。

根本は、部のメンバーひとりひとりが、どうしたらHAPPYに仕事ができるのか、ということ。
それが、結果として、自分にプラスとなって返ってくるということ。

まだ試行錯誤のようだけど、「人も自分も幸せにする生き方」と通じます。
私は、そういう生き方がしたいです。

そして、”思い込みにメスを入れる”という考え方と行動は、
家事や生活においても参考になるなと思ったのです。取り入れていこうっと。

メス、といえば、今日は旦那ちゃん、頭の皮膚の手術。
がんばれー。←あっさり。

リビング収納の断捨離。

さて、週末に娘と断捨離をしました。
リビング収納といえるものか、よく分からないけど、
キッチンの反対側をカウンターにせず、浅い収納にしてもらっています。

キッチン関連のものを収納するには、使いづらいので、
リビング学習をする娘の文房具や、制作系のオモチャ等を収納しています。

でも、詰込み過ぎちゃって。
扉が閉まらずに、ちょっと開いてる。笑
ミキサー、まだ乾かし中。
右から2番目の扉が閉まりません。

今回、メインで断捨離した物はコレ。

レゴ デュプロ。大きいレゴです。
娘は小学校に上がっても、しばらく、この大きいレゴを好んで使っていました。
が、ついに卒業!
ヤフーオークションに出品です。


ついでに、私も洋服一枚断捨離。
股上の浅いやつ。そして、ちょっとキツカッタ。
これで、所有ジーパンはゼロ枚になりました。

棚の中は、ほとんどゴミでした。

奥行があまりない棚なので、そんなに物量はないだろうと、扉の中のものを全部出しました。
が、テーブルに乗りきらなった…。
思った以上の物量でした。
そして、ホコリがすごかったー笑


娘と一緒に、いらないものを、とりあえず、大きな袋に入れました。
細かいゴミの分別は、後でやります。

私が、「これ、いらないんじゃない?」と聞いたものは、
たいてい、娘は「いる!」と答えます。
天邪鬼な性格は、私にそっくり。なので、口出しはしません。
中には、えー…、それ、残すの?というものもあるけど、
子どもの意思を尊重しつつ、スッキリ空間の良さを体感させてあげる方が、
結果的に、子ども自身が、きちんと、「いる・いらない」を判断できて、無駄なモノが減ります。
(私の「いる・いらない」とは、大分違うけどね…。)
ここ5年くらいで、失敗を繰り返しながら学んだことです。

なにより、こういったやりとりも、親子の信頼関係に関わってくると思っているので、
将来を見据えて、子どもの判断には、口出ししないように気を付けています。

さて、娘のモノがたくさんつまっていた、この棚の中。
小1娘は、言いました。
「おかーさん、ここに入ってるの、ほとんどゴミだった!」

文房具エリアの収納

リビング学習をしている娘にとって、
一番使いやすい棚が、右側の二つの扉の中。
そこに、よく使う文房具のみを収納。

収納にあたって、新しい収納グッズは買いませんでした。
特に、子どものモノは、どんどん成長して、
生活スタイルも、使うモノも、場所も変化するから。

普段、娘の工作用に、シンプル&オシャレな箱類は、一定数残しておくので、それを利用。
箱類は、オシャレ段ボールBOX(クラフト収納ボックス)一つ分と決めています。

上段には、左から
「ハンコ・サイコロ・顕微鏡」
「クレヨン」
「ノート・メモ」
「学習用の筆箱(ポーチ)」 を収納。


下段には、左から、
「クーピー・色鉛筆」
「マーカー」
「鉛筆削り、消しゴムクリーナー、のり、ハサミ、ボンド、テープ」を収納。

赤いお屋根は、カール事務機の鉛筆削り。
「カールくんのいえ。」
この削り心地は、素晴らしい!回した感じが軽いの!!
普通の見た目の鉛筆削りもあるので、入学準備で、手動の鉛筆削りを検討しているならば、ぜひとも、カール事務機を候補に入れてほしい。本当に感動の削り心地なんだもん。
欠点といえば、とんがりすぎて、ちょっと怖いところ。
1学期は、紙にぐるぐる書いて、すこし先を丸くして持たせていました。
1学期だけね…

↑カールくんのいえ。ブルーもあります。


↑カール事務機。エンジェル5プレミアム。
ちなみに、カラリスという、安くて軽いシリーズも出ているのだけど、
そちらは、5、6歳児が回すには、ちょっと力が必要で、難しいかも。
削った後の鉛筆は、美しいです。

あ!あとね!!隣の丸いの。
これ、すっごいオススメ!

消しゴムカスのクリーナー!「ソニック スージー」
これがあると消しゴムカスを、下に落とされたりしない!
これは、本当にあってよかった~!

↑ソニック スージー 卓上クリーナー。卓上掃除機。消しゴムクリーナー。


↑ピンクもあります。ソニック 穴ティアラ スージー。乾電池式卓上クリーナー。

上段のクレヨンの収納です。
100均の箱を再利用。


クレヨンは、私は昔ながらのぺんてるが好きだけど、
娘は、硬さのあるステッドラーが好きなんだそう。
手が汚れにくいからかな?独特の匂いがします。それも好きみたい。
ジップロックにまとめてあります。

↑ステッドラー ノリスクラブ220 24色セット


この箱には、クーピー。50色くらいをバラ買いしています。

↑クーピー60色バラ買い。微妙な色の差が楽しいのです。


色鉛筆は、裏が白くて助かった。笑
娘のお気に入り、三菱ユニ・アーテレーズカラーの色鉛筆。
なんと、消しゴムで消えるよ!
描き心地は、結構硬め。
私は、柔らかめの色鉛筆が好みだけど、
娘は、決して何度も描きなおせるところが、何よりも重要なんだそう。
たくさん色があった方が、色使いも幅が出て、素敵な絵に仕上がります。

↑こちらは、24色セット。三菱 ユニ アーテレーズカラー。

↑娘が愛用しているのは、36色。
このショップさんでは、一本一本名入れしてくださるので、娘はとても喜んでいました。

ちなみに、私は、水に溶ける60色の色鉛筆(ステッドラー)を愛用。
子どもが使っても、幻想的な絵ができて、すごくいいです。
そちらは、子どもの使用頻度が低いので、ここには収納しませんでした。

いずれも、無くなったら、バラで買い足せるのがうれしい。

次は、真ん中のオモチャコーナーですが、
長くなってきたので、今日はここまで。

読んでくださって、ありがとうございました!

み。


バイバーイ♪
せっかく消せる色鉛筆を使っているのに、消し方が甘い娘の絵。

 

楽天ルームやっています。買いすぎバレバレ。

↓本物のミニマリストが、ここに!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

おすすめの記事
広告