こんにちは。
今、旦那ちゃんが一人旅に出ています。
リフレッシュ休暇というやつで、1週間のお休み。
会社から数万円のお小遣いも出るので、羽を伸ばしておいでと送り出しました。

うちの旦那ちゃんは、
平日は6時台に家を出て、帰るのは早くても夜9時過ぎ。
帰ってからは、副業をしていたりと、わりと忙しい。
でも、休みの日は、娘を動物園やスケートなどに連れ出してくれて、
家で、ゴロゴロしていることは、ほぼなくて。
やりたいことがありすぎて、テレビを見る暇もないタイプ。
なので、たまには自分だけのために、ゆっくり時間を使ってもらおうかなと思って。
家計から一銭も出さなくてすむしね。

会社からのお小遣い数万円というのは、旦那ちゃんが正確に申告しないから。
確か、5万円だか、10万円だかは出ているはずなのだけど、
「最近は、そんなにもらえないんだよ。忘れちゃった。」と言っていました。

旦那ちゃんが、何を思っているか、概ね検討はつくけどね。笑
あえて、それ以上は聞かず、楽しんできてねと送り出しました。

できた妻だなぁ!!

それにしても、快く旦那を一人旅に送り出せるようになるとは、
ホント、育児がラクになったってことなんだなぁ、つくづく。

家事室伏魔殿。書類整理は、「細かく」が鍵。

さて、昨日ブログに書いた家事室。
冷蔵庫とオーブン、レンジなどがありましたが。
くるっと、後ろを向くと、ちょっとしたワークスペースになっています。
造作の机にパソコンを置いて、右側には可動棚を作ってもらい、色々な書類を収納しています。


デスクトップパソコンは断捨離。
今は、ノートPCを使っています。
デルフォニックス ビュローのファイルボックスは、パルシステムのカタログを入れます。
あと、とりあえず…な紙モノ。(←9割ゴミ箱行き・・・)
この中は、毎月1日に整理しようと決めました。
まだ1日じゃないから、放置しても、いいんだもんねー。

で、問題は横の可動棚。
ここがねー、ひどかった。
いろんな書類が、ぐっちゃぐちゃ。

一応、大まかに分類はしてあるのだけど、
大まかな分類だと、そのファイルボックスから、
必要なモノを探すのが一苦労。

なので、ズボラなのに、あえて収納の仕方を変えました。
書類は、「細かく」分類する方式に!

学校からのプリントなど、何度も差し替えが必要なものは、
デルフォニックスの2穴バインダーを利用しています。

新しくプリントを綴じる時が見直し時。
古いプリントは、躊躇なく捨てます。
たまに、間違って捨てちゃっても、誰かに聞けば、なんとかなる!笑

↑デルフォニックス ビュロー レバーアーチファイル A4 2穴
収納のケースにもコダワリを。
すべてモノトーンで統一しています。
このモノトーンのファイルが売っているショップは、mon・o・tone。
分かりやすい。笑

monotoneの白黒ファイルは、A4サイズなのだけど、
A4のクリアファイルにいれた書類は、微妙に入らないのです。
これが、惜しい!との声が、レビューにも多くて、私も気になったのだけど、
実際は困らない!

なぜなら、ぱんぱんに書類を入れたとしても、厚み3センチちょい。
しかも、あらかじめ、細かく分類していあるので、結構スカスカになるわけです。
なんなら、クリアファイルに全部入りそうな量を、このケースに収めているのです。

省スペースじゃないし、いかにも効率が悪い感じがするよねー。
でも。
書類、ものすごく探しやすいです
そして、取り出しやすい!

クリアファイルに入る量だからって、クリアファイルに書類を入れていたら、
自立しないでしょう。
だから、さらにファイルボックスに入れることになる。
そうすると、書類を探すときに、ファイルボックスを選び、そこから、クリアファイルを選び、そして、クリアファイルから探すことになる。
これでは、三度手間。非効率的なのです。

だけど、この厚みのあるケースならば、一目で中に入っているものが把握でき
それを選んで、蓋をあければ、中には、少しの書類しか入っていないのだから、時間も節約できる。

場所はとるけれど、時間の短縮を考えたら、こういう選択もアリです。
どこに、自分の優先順位をおくかがポイント。
私は、このうんざりする書類管理を、1秒でも短くしたいのです。

↑monotone ブック型ケース デザインケース
こちらは、A5サイズ。A4の無地は、よく売り切れてしまいます。A5 無地もあるよ。

 

収納棚の大きさによっては、ドキュメントファイル(ジャバラ状のファイル)を使うのも、悪くないかと。
私は、ここでは、ドキュメントファイルをめくって探す作業が面倒で、やめてしまったけれど、
1階では、楽譜の管理をドキュメントファイルでしています。
あの、ぺらっと渡されるビッグバンドの楽譜とかね。
すぐに整理しないと、ぐっちゃぐちゃになるよねー!!
スペースがない場合には、有効です。

ちなみに、細かく分類って、どれくらい細かくかというと…。

例えば、私の好きな投資関連の書類でいえば、
信託会社ごとにファイルをつくる。

習い事関連の書類をまとめるとしたら、
習い事ごとにファイルを作る。

学校からのお知らせプリントと、PTAのお知らせプリントは、別々にファイルを作る。

分類の仕方は、自分がよく取り出す項目によって変わってくるので、人それぞれです。

スッカスカのファイルケースがあってもいいのです。
探しやすくするのが目的で、省スペースが目的ではないから。

でも、これは、私にとって便利なやり方。
使う人の目的によって、収納の仕方は千差万別なのだと思います。
収納の本は、さらーっと読んで、頭の引き出しにいれておき、
自分にとって最適なやり方というのは、自分の頭で考えるのが一番!

本は、ほとんどがお料理の本。
表紙カバーをひっくり返して(白になるから)、タイトルを書きこんでいます。
白くならない表紙には、背表紙にだけ、マスキングテープを貼っています。
でも、こんな風に、好きな本や洋書をたてかけて、目隠しにしてもいいよね。

下の小さい箱は、昔フェリシモであつめた引き出し箱。
ペンや文房具などを収納しています。

この伏魔殿だった、家事室を整理したら、
家計簿をつけるのが、ラクになりました!

お金の計算をするのが、ラクなのです。
支出の管理をするのはうんざりなんだけど、
毎月の投資額の合計や、太陽光の売電、その他、収入の計算をするのは、結構楽しい。笑

細かく分けてケースに入っているから、何を調べるにもラクです。
重い腰をあげて、書類整理して、よかったー!

ここは、面倒で、一番後回しにしたところだけれど、
まだ手をつけていない方がいたら、ぜひぜひ、自分スタイルの書類システム、
作りあげてみてください。
きっと、暮らしの一つが、ラクになる♡

 

ところで、後日、
ファイルケースに貼ったマスキングテープを、
もう少しオシャレにしようと、英語でタイトルを書いて、貼りなおしました。

その日から、ケースの前で、
「単語の意味が分かんない。」と唸る自分が…。

見た目をとるか!時間の節約をとるか!
すべては自分次第なのです。
(そのうち、慣れるよ。)

 

それでは、また!

み。

楽天ルームやっています。

↓ミニマリストのお手本がたくさんあります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事
広告